mercari(メルカリ)に竦む魔物たち

mercari(メルカリ)に竦む魔物たち
mercari(メルカリ)に竦む魔物たち
mercari(メルカリ)に竦む魔物たち

イージーミス

どうも「mercari」を、今日まで「mercali」とずっと打ち間違えていた者です(^_^;)
お恥ずかしい!!こんなに世間で流行っているのに!

mercari(メルカリ)
登録時に招待コード「YWQXVH」を入れると、300円分のポイントもらえます♪
https://www.mercari.com/jp/dl/

まぁ、英語表記なんて、日本人はなかなかしないもんね。
ニュアンスが伝われば良いかなぁ〜とか、ポジティブに考えるようにします。

本題

さて、メルカリでの取引がふた桁に突入してくると、色々な問題に遭遇します(^_^;)

前々から聞いてはいたんですよ。
メルカリは若年層が多いのと、ライトユーザーが多いからモメたりするすることも多いと。

はい、聞いてはいたんですが、もちろん聞き流しておりましたw

あくまでも「他人事(ひとごと)」だったんですね!

↑この事に関しては、今とても反省をしておりますm(_ _)m 心より

どんな事に遭遇したのか!?

ご説明させていただきますとも・・・

むしろ愚痴りたくて、愚痴りたくて文章書いてるわけですからね!ヽ(`Д´)ノ

動作保証なし品の購入、利用者側の環境都合で返品希望

↑このタイトルだけ読んでも強烈じゃないですか?

「日本語が伝わらなかったのかしら?」

って思ってしまう程です。
(※確かに取引メッセージも、所々おかしかったけども・・・(^_^;))

もちろん、大人の対応で諭しましたよ。
僕もよい年齢ですしね!!

沸点超えた「怒り」を、時間をおいてクールダウンさせてから対応しました。

でも、本来なら・・・というか他の購入者様とのやりとりでは、同様の自体に陥ったことがないので、この方が特異なんだろうと思います。

世の中には色々な方がいるわけですからね!
それが面白いわけなんですけれども・・・

メルカリにおいては要らないッス!!

「傷や汚れ有り」と言っているに、「傷があった」と低評価

もう、無茶苦茶です!!

先に正直に「商品状態」を申告しているにも関わらず、それを原因として「低評価」されるなんて夢にも思いませんでした(T_T)

「目から鱗」、いや涙が止まりませんッ!!!

メルカリでの「取引評価」は、アカウントを変更しない限り一生付いて回るものです。
履歴書・職務経歴書みたいなものでしょうか?

安全運転をしていても、「交通事故には合う」というのを車ではなく、メルカリで教わることになるとは(^_^;)
嬉しいやら、悲しいやら・・・

いや、悲しいんですけども。

だって、自分が大事にしていた商品を売りに出しているわけなんですよ!
しかも、正直に「傷や汚れ有り」と申告までして!!

その結果、それを承知で購入しているはずなのに、、、

ディスられるなんて割に合いませんヽ(`Д´)ノ チキショー!

商品買っておいて支払わない

もう意味不明です(^_^;)助けて!

どんな意図が隠されているんでしょうか?
取引メッセージとかに隠語があって、その謎を解いた人間にしか支払ってくれないとか、そういう類の方なんでしょうか!?

・・・他所でやってくれッ!!!

こっちは真面目にお気に入りの商品を、フリマに出品しているんですよ!
やりとりだって人件費かかってるんですよ!!

うおおぉぉぉぉ〜〜〜〜〜ッッッ!!!

↑はい、吉田栄作ばりの叫びが出たところで、話を締めていきたいと思います。

ググってみると結構同じような事例があるんですね!
(※その事に驚きですが)

どうして「商品を購入しておいて支払わないのか?」という至極もっともな疑問には、明確な回答が得られました。

それは以下の 2点の可能性があるようです(゚∀゚)

  1. 同一商品を出品している人間が、ライバルを蹴落とす為にやっている
  2. 愉快犯(出品者をからかっている)

「2」のケースは非常にわかり易いですね。
今回もどちらかと言うと、こっちなんじゃないかなーという気はしています(^_^;)やりとりから・・・

ところで「1」のケースってどういうことかわかりますか!?

僕は最初解説している Web ページを読んでいても理解することが出来ませんでした。
せっかくなので、この点をもう少し解説させていただきますm(_ _)m

「同一商品を出品している人間が、ライバルを蹴落とす」とは

「レアケース」なんじゃないかとも思うんですけど、実際にあるみたいなんですよねー。

例えば、僕が「iPhone6」をメルカリに出品したとします。

既に「iPhone6」を出品している、もしくはこれから出品をしようとしている嫌なヤツがいたとしたら、「自分の商品以外は目立たせたくない」わけですよね?

そうすると、僕も含めて同じ商品を出品されているのを片っ端から購入していっちゃうんです。

どういうことになるかと言うと、商品名などで検索をしても購入されているわけですから「SOLD OUT(売切れ)」表記になってしまい、他の人は購入はもちろん、コメントも出来なくなってしまいます。(※「いいね」は出来ました。)

購入が成立している間は、その商品においてはその人の独壇場となるわけです。
ライバルが居ないわけですから!

「商品は購入されているわけだからいいじゃん♪」と思うかもしれませんが、、、

当然のことながら「支払いは決してされません」。

なので「支払い方法」もクレジットではなく、「コンビニ・ATM 支払い」が選択されます。

「コンビニ・ATM 支払い」を選ぶと、購入から最大 3日間の支払い猶予が設けられているのですが、この間「SOLD OUT」なわけですよ!

つまり「コンビニ・ATM 支払い」で購入すると、、、

ライバルの掲出・購入を最大 3日間防ぐことが可能

になるってことなんです。

当然、そんなことを自分の「本アカウント」で行ったりなんてしませんよ!

プロですから!やつらはッ!!!
(※どんどん言葉が悪くなるw)

どうなっても構わない「捨てアカウント」を利用して、上記の行為をやりまくるわけです。

実際、僕の商品を購入したアカウントも、下記の様なひどい有様でした(^_^;)

  • プロフィール文章がゼロ
  • 取引評価がゼロ
  • 出品もゼロ

「ゼロの宝石箱やーッ!!!」やで、ホンマ!!!ヽ(`Д´)ノ

それでもまだ経験値の低い僕は、信じて疑わなかったわけですよ!
人間の・・・「人の善意」を!!!

まぁ、全力で空振ったんですけどね(^_^;)

てなわけで、基本的に素晴らしいサービスだし、素晴らしいユーザーが大半なんだけども、数多くいるユーザーの中に紛れて「魔物」もおるよーってお話しでした。

皆様もお気をつけ下さいませm(_ _)m
「プロフィール」のチェックは必須ですゾ!!!

mercariカテゴリの最新記事